ワルキューレロマンツェのレビュー

1 はじめに
この作品は、Ricottaの2作品目であり、発売日は、2011年10月28日に発売されたものである。
原画家は【こもりけい】、SD原画にひづき夜宵となります。
作風は、前作よりも中世風味な雰囲気を強くした感じはありますね。
演出強化パッチがありますので、なるべく当てる方が良いですね。

2 評価
グラフィック・・・100点
かなり良い、ヒロイン一人につき平均32枚程度とSDCG入れると150前後となり、
差分を含めて中々のボリュームとなる。
一枚一枚の作りこみもさることながら、立ち絵のバリエーションが良くなっていますね。
キャラクターの可愛さが更に上がっており美人系のスィーリアも、ルート入るとかなり可愛いです。
また、CPUのマルチコアに対応しており高画質にしたり、フィルタをかけることによって、ある程度の低スペックにも対応しているところが地味に凄い(笑
推奨スペックと、必須スペックの差に吹いてしまう(笑
但し、HPの演出強化パッチのことも考えるとそこそこに動くPCのほうが良いかもしれません。

シナリオ・・・85点
予想していたものよりもボリュームありますね。
特にエロとかな!(何
恋人関係になった後に、各キャラ毎のエロシーンの1つ前のシーンにキス+フェチキスシーンがあるのですが、
ヤヴァイ
ヤバイじゃなくてヤヴァイ
キスのエロさが半端なくて正直勃った。
キ○キスとか目じゃないわ、しかもそのままシーン突入しないとか・・・凄く・・・焦らしプレイです・・・(笑

音楽・・・90点(+10)
OP・ED・挿入歌を含めて全部で44曲で、中堅・大手に謙遜ないレベルの出来で、正直ここまで期待していなかった分、かなりのクオリティにやられました。
各キャラのBGM
OPの本当の勇気に変わるまで
今回は気に入った曲が多く
しいて1つだけ挙げるとしたら、[リサとササミ]のリサ専用BGMですね。
これぞ、吹奏楽って感じで、楽しさとほのぼの~とした曲感が個人的に素晴らしい。
個人的に満点の出来ですね。

総合評価・・・91点
名作!って程ではありませんが、今年を代表する作品の1つとして数えても謙遜はないのでは?と言ったところ。
前作プレイした身としては、ここまで作品クオリティが上がっていると待っていた甲斐はありますね。
是非、次回作もこのレベルで新作作って欲しいですね。

であであ、最後に一言
スィーリアの鎖骨ペロペロしてるシーンが個人的に凄い有りだったwww
前作よりもエロがパワーアップしまくっててワロタww

LOVELY×C∧TIONのレビュー

はじめに
この作品は暁WORKS響の作品で2011年6月24日に発売された2作品目の作品です。
シナリオよりもエロとバカップルに特化した作品で、ジャンルとしてはどちらかというと純愛ではあるけど抜きゲー寄りな作品ですね。


評価
グラフィック・・・88点
オッパイゲーです。一人除いて凄く・・・でかいです(笑
ヒロイン 1人につき20枚と平均的ですが。
公式のアップデートによる追加シナリオで新規CGと、新規の立ち絵が含まれるため、
ボリュームとしては割と多めかな?

シナリオ・・・72点
ひたすらバカップルなシナリオですので、口から砂糖吐きそうです(笑
だが、それがいい(ダマレ


音楽・・・65点
普通ですね。特に特化した点はありません。
あえていうなら、追加シナリオで、新BGMはあります。
だけど、普通かなぁ・・・(笑


総合評価・・・74点
バカップル万歳とか唯々月たすくさんのエロ絵サイコーって人にはたまらない作品かと思います。
若干面倒なところもありますが、あっさりした作品なので、手軽にプレイする分には良いかと思いますね。
キャラゲーとしては、中々いい作品かと思います。

であであ、最後に一言
10月パッチの先生ズのコスプレが、どストライクな件
眼鏡メイドとか、とんがり帽子魔女とか何という俺得www

のーぶる☆わーくすのレビュー

1はじめに
この作品はゆずソフトの5作品目であり発売日は、2010年12月24日と現実逃避にもってこいの日ですね(ダマレ
原画家はいつも道理のこぶいちとむりりん
SD原画に、こもわた遙華を迎えての作品となります

2評価
グラフィック・・・100点
とりあえず個人的には好きな絵師ですしと言うのもあるが
イベントCGの枚数は普通だけど差分が多いエロだけではなく通常もそれなりにある。
SDCGのコミカルな動きがこもわた氏の力を存分に発揮している
特に評価したいのは立ち絵のパターンですね服装・ポーズの差分が結構多い
コロコロと表情が変わる様はみていて楽しいです。

シナリオ・・・79点
ギャグが秀逸、知っているネタが多ければ楽しいとは思いますが解らない人には面白くない部分もあるかと
個人的には一流メイドとの絡みが好きなのと
逆セクハラレベルがヤバイメインヒロインの月山瀬奈の妄想エロメイドの会話が良かったです。


音楽・・・92点
これはもう処女作である[ぶらばん]から培った吹奏楽のクォリティがあるので文句なしの出来ですね。
そのせいか、お嬢様系のジャンルと相性がかなり合っていると感じます。


総合評価・・・82点
個人的に良作レベルですね前作よりもシステム面がかなり改良されてて、プレイしやすい
バックログにあるジャンプ機能も直前のシーンを背景に写されてて台詞だけでなくどのような場所・展開がわかりやすい
キャラも魅力的でエロも・・・まあまあ有り人によったら物足りない部分があるかもしれないが純愛ジャンルとしては丁度いいくらいである。(だが瀬奈と、トランス状態の静流だけは頭ひとつレベルが違う)
こんな感じですね

であであ最後に一言
瀬奈さんに逆セクハラされたいです(何
主人公の言葉=変態+セックル
に変換されるとか凄過ぎwww
オフィシャルにあるキャラ紹介の「想像力豊か」から想像もできないくらいカオスなのが最高でした(笑